審査が甘いカードローンを探すときのポイントって何?

新たにカードローンを申し込もうと思っていますが、以前にカードローンを断られたことがあり不安です。そこでいろいろと調べていると、審査が甘いカードローンがあると聞きました。そんなカードローンを探す方法はありますか?審査が甘いカードローンを探す方法があれば教えてほしいです。

確かに申込審査が甘いカードローンというものは存在します!

ブラックでも多重債務者でも借りることができるカードローンは確かに存在します。しかし、これらのカードローンは代表的な大手のカードローンと比較するとリスクの高いカードローンということができるでしょう。金利も低く良心的で何の問題もないカードローンで更に審査も甘いということはあまりありません。

数年前であれば審査の元となる個人の信用情報が一元化されておらず、滞納したり支払いが遅延したりした情報の保管先によっては審査の甘いカードローンというものが存在しました。しかし今となっては信用情報はほぼ一元化され、更に総量規制という借入総額の規制がかかったことによって、審査が甘いカードローンというものは実際には存在しないと考えてよいでしょう。

確かに、消費者金融や信販会社で新たな借り入れを行っても借り入れ総額が年収の三分の一未満という金額であれば、企業によって審査が厳しいために借り入れができないという状況は生まれるかもしれません。しかし、この場合はよほど厳しいところでない限りは借り入れは可能でしょう。反対に年収の三分の一を超えても借りれるようなところは真っ当な消費者金融や信販会社ではないということになるのです。

また、銀行であれば借り入れの総量規制がありませんので確かに審査が甘いカードローンが存在するのではないかと考えることも理解できます。しかしこれもそれほど大きな違いではありません。結局、その保証は消費者金融業者が行っていることがほとんどですので、いくら総量規制の対象ではないとしても、過去の滞納や支払い遅延の情報も確認できることになり、結局のところ審査が甘いカードローンは存在しないということになります。

それでもやはり、審査が甘いカードローンは存在することは事実です。しかしこれらの業者はほとんどの場合、違法な貸し付けで利益を得ている業者です。また、外資の企業であれば日本の信用情報を確認した上で、独自の基準で貸し付けを行っているところもあるかもしれません。確かに審査が甘いカードローンはあるかもしれませんが、それを探すよりも時間をかけて審査に通るような信用情報になるように努力したほうが、カードローンの契約をするには近道かもしれません。

審査が甘いカードローンで借りてこんな怖い思いをしました

お金を借りる際には避けて通れない審査。審査があまり厳しいのも困りますが、その逆も気をつけなければなりません。「事実は小説よりも奇なり」という言葉があるとおり、その実態を知るには実際に経験した方の話を聞くのが一番。以下、その経験から見えてきた審査のあまいカードローンの実態をご紹介しましょう。

まず、踏まえておいていただきたいのは、審査があまいということはどういうことなのか?ということです。審査があまい、ということはそれだけ借金の返済が滞ってしまう可能性が高い、ということですから、お金を貸す側も金利を高く設定します。

そして、カードローンの返済方法は一般的にリボ払いです。リボ払いとは、毎月の返済額が支払い残額に応じて決まる方式で、一定額を返済していく、というメリットがあります。一定額の返済だから、返しやすい、と多くの方は感じるのですが、その実、自分が全体でどのくらいのお金を借りているのか、把握しづらいというデメリットがあります。

借金で一番やってはいけなのは、元本を残し続けること。なぜかというと、元本が残っている限り、元本は利息を生み、返済したとしても、常に利息の支払いに回ってしまい、一向に元本が減らない、という減少になってしまうのです。そして、リボ払いはまさにこうした返済方法、しかも審査のゆるいカードローンは金利が高めですから、生み出される金利も常に多め、毎月の支払いもなかなか元本まで届かない、結果として、ずっと元本が残りつづけ、利息が引き続き生み出されるという仕組みだというのです。

先人の経験から学び、同じ轍を踏むことがないようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【中央リテール】より審査甘い!?スピード審査カードローン情報 All Rights Reserved.