消費者金融の審査に嘘をついて通った場合

キャッシングベスト3

嘘をついて消費者金融の審査に通ると何か問題がありますか?

消費者金融のカードローンの申し込み書類に嘘を書いて申し込んだら審査に通りました。今現在このカードローンは有効に使っていますが、嘘をついていたことがわかると何か問題が発生しますか?ちなみに今回は他社からの借入金額を少し少なめに申告しました。もしわかったらどのようなことになるのか教えてほしいです。

審査書類に嘘を記入していても、借りれているなら問題なし!

カードローンの審査で嘘を記入することはあまり好ましいことではないですね。でも、それで借りれているのであればそれほど大きな問題はないでしょう。と、言うのもいくら嘘を記入しても消費者金融業者では調べればほとんどの情報が確認できます。今回は他社借入を少なく記入したとのことですが、結局その嘘はバレていて、その上でお金を貸してもらえたと思ってよいでしょう。

消費者金融業者は申込書に記入された内容は殆どのものが確認できます。住所や名前は身分証明書やそのコピーで確認できますよね?同じように勤務先も電話などで在籍確認をすることでそこで働いているかどうかを確認できます。収入は源泉徴収票など収入の証明書で確認できますし、電話番号も実際に電話して確認することが可能です。今ではインターネットを利用して、その会社がどのゆな会社なのかも確認することができるでしょう。

これと同じようにその人の借り入れも実は確認することができます。お金を借りた時にはその情報は個人の信用情報機関に登録されます。貸金業として登録されている業者であれば、借り入れ金額だけでなく、その返済の状況も確認できるようになっているのです。つまり、いくら申込書に嘘を記入していても、消費者金融業者はこの信用情報を確認して実際にいくら借りているかを確認することができるのです。

もし、何らかの事情で借り入れ金額を確認をせずに貸し付けを行っているのであれば、場合によっては貸付の金額が突然小さくなることはあるかもしれません。しかし、嘘を記入したのではなく、誤って記入したとしtめお、これらの信用情報を確認できるのに確認せずに貸し付けを行っているのであれば、それは消費者金融業者側にも落ち度があることは間違いありません。

そう考えると、嘘を記入していたからと言って後から金額を急に小さくするということはそれほど多い事例ではないでしょう。利用できるカードをそのまま使っていて大きな問題に発展するということは、まず、ないと思って間違いありません。審査の結果、そのお金を貸しても問題ないと判断したのは消費者金融業者だからです。

しかし、意図的に書類を偽造して嘘の勤務先や収入証明を提出したとなると少し話は変わってきます。この場合には突然カードが使えなくなるということもあるかもしれません。もし、そんな嘘でお金を借りることができているのであれば、カードがいつ使えなくなっても仕方ないと思っておいたほうが良いでしょう。

消費者金融の審査の際に嘘をついても大丈夫?

「嘘も方便」という言葉があります。特に商売をするには、時には嘘も避けられない、というわけです。「正直者が馬鹿を見る」というのが多くの人の一般的な見方であり、お金を儲けをうまくやるには、嘘をつくことも必要である、と多くの人は考えています。皆さんはどうお考えですか?

ここで考えてみたいのは、お金を借りるという局面において嘘をついても大丈夫なのか、ということです。「大丈夫なのか?」という問題は2つに分けることができます。それは「道徳的に」大丈夫なのか?という点、そして、「実質的な損失がないのか」という点の2つです。ここでは「嘘をつくことが道徳的に良いのか悪いのか」ということは当然論じないのですが、問題はお金を借りる際に嘘をついて実質的な損失やデメリットを被ることがないのか、ということです。

例えば、カードローンの審査等では、申込む際にあなたの勤務先や勤続年数、収入などを必ず申告しなければなりません。人間の心理としては、すこしでも自分を大きく見せて、審査を有利に進めたいという気持ちがあることはよくわかります。しかし、そこで嘘の申告をしたら結果はどうなってしまうのでしょうか?そのまま嘘を貫き通すことができるのでしょうか?

結論から言いますと、限りなくそれは難しい、といわざるを得ません。なぜなら、相手はあなたの収入や勤務先について「裏をとる」からです。つまり、種々の書類の提出によって嘘はすぐにバレてしまいます。そして、嘘をついた結果、さらに貸金業者からの信頼を失ってしまうわけです。では、そんなふうに簡単に嘘をつく人にお金を貸したい、と貸金業者は思うでしょうか?おそらくは、あなたのパーソナリティーに対する信頼を失い、その「嘘をついた行為」によって貸付自体が不可能になる、ということもありえるのです。

正直さや誠実さは結局のところ自分に返ってくるということを覚えておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【中央リテール】より審査甘い!?スピード審査カードローン情報 All Rights Reserved.