お金を借りるときによく耳にするローンと融資の違いって何?

生活の助けにお金を借りようと思っています。どのような方法があるのかいろいろと調べていたところ、お金を借りることを「融資」と言ったり「ローン」と言ったりしているようですが、この「融資」と「ローン」の違いって何ですか?お金を借りる時にこの言葉の違いで注意しておくことがあるようだったら教えてほしいです。

それほど意識して注意しておく必要はないでしょう!

確かにお金を借りる時のその呼び名は多くのものがあるよね!お金を借りようと思って情報を収集しているのであれば「融資」や「ローン」だけでなく、このほかにも「貸付」や「借入」、更には「キャッシング」などの言葉を耳にしたり目にしたりすることもあるだろう。

これらの言葉は細かく見ていけばお金を借りる側なのか貸す側なのかという違いや、借りる相手や貸す相手が個人なのか、会社などの法人なのかによっても変わってくるんだ。でも、お金を借りようと思っているのであればもし間違った使い方をしていてもそれほど気にする必要はない。なぜなら、相手はお金を貸すことを商売にしていることがほとんどだから、仮に間違った使い方をしていても借りたいあなたの意志をしっかりと把握してくれるからだ。

では、実際には何が違うかというと一般的に「融資」というと企業などの団体に対する貸し付けなど大きな金額の貸し付けに使われることが多い。もし、借り手が個人であったとしても、数億という金額を借りることになれば「融資」と表現することもあるかもしれない。「融資」といえばある程度規模の大きいものであると考えておいて間違いはないだろう。

これに対して「ローン」はどちらかというと個人向けの貸し付けなど小さな貸付けに使われることが多い。数百万や数千万の規模であったとしても、それが個人向けであればローンと表現されることも多いのだ。住宅ローンなどを考えると金額が大きくても個人向けの貸し付けは「ローン」と呼ばれることが多いこともわかるだろう。

また、返済の方法について考えた場合にも違いがある。「融資」については返済の方法に関して一般的な法則はない。「融資」を受けてそのお金を一回で返済することもあれば、返済を何回かに分けて行うこともある。一般的に「融資」の返済に関して決まりごとは時にないと考えることもできるだろう。

一方、「ローン」というと通常は分割での返済を意味することが多い。「ローン」という名前の借入はもちろん一回で返済することも可能腕はあるが、一般的には分割して返済することを前提にお金を借りることを表すことになる。(※詳しくはこちらで→サラ金相談室)一回で返済することを前提にお金を借りるのであれば、それは「キャッシング」と呼ばれることもある。

このように二つの角度から「融資」と「ローン」の違いを説明してきたが、あと一点、日本語にも違いがある。お金を借りるほうから見ると「融資」は「受ける」もの、そして「ローン」は「組む」ものだ。「融資を組む」とは言わないし「ローンを受ける」とも言うことはほとんどない。

細かく取り決めがあるわけではないこの言葉は、銀行などですら細かく決まっているわけではない。銀行の内部で取り決めはあったとしても、それが世間一般で取り決められているわけではないのだ。中にはお金を貸すこと自体をすべて「融資」と表現し、個人にお金を貸すことを「個人向け融資」と言っているところもある。あまり神経質に細かく分ける必要もそれほどないのだ。

完全分析!ローンと融資の違いはこうなっている

普段なにげなく使っている言葉で、そんなに違いを意識していない言葉って結構ありますよね。例えばそのひとつに「ローン」と「融資」の言葉の違いがあります。皆さんは意識的にこの言葉を使い分けていらっしゃいますか?もっといえば、「借金」「貸付」「キャッシング」といった言葉も同義語ですよね。

「ローン」という言葉から少し見てみましょう。一般的に「ローン」という言葉とセットにして使うのは「住宅ローン」「教育ローン」「マイカーローン」など、一定の目的をもって貸し付けることを指します。もっとも、最近では前もって目的を定めない「カードローン」が貸付方法として主流になってきており、かならずしも「ローン」を特定目的のもとでの貸付と言い切れるわけでもなくなっていますが。

「融資」はいかがでしょうか。「融資」は「借金」とほぼ同義語と考えて良いのではないかと思います。すなわち、資金を融通することですね。かなり広範囲な貸付方法を包含するといってよいのではないかと思います。ただ、一般的には「融資」という言葉は少額のお金を借り入れる時には使用しないことが多いのではないかと思います。例えば、「今日財布に昼飯代も入っていなかったので、友達に500円融資してもらった」なんて使うとなんだか笑い話になってしまいますよね。通常は、銀行が会社に設立資金や運転資金などを融資する、とか「つなぎ融資」なんていう風に使ったりします。

こうした言葉の違いをよく理解して使うことは大事なことですし、また同時にかなり曖昧に使われていることも多いので、その実質的な違いをしっかり把握して使うことも大事でしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【中央リテール】より審査甘い!?スピード審査カードローン情報 All Rights Reserved.